東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

県内高速道GW予測 桜土浦ICで40キロ 下り来月3日ピーク

 NEXCO(ネクスコ)東日本関東支社はゴールデンウイーク(二十七日〜五月六日)の高速道路の渋滞予測をまとめた。県内では五月三日午前十時ごろをピークに、常磐道下り方面の桜土浦インターチェンジ(IC)付近で四十キロの渋滞が見込まれている。

 まとめによると、下り方面は五月三日に渋滞が多く発生するとの予測。連休前半の四月二十八、二十九日にも午前を中心に常磐道友部ジャンクション(JCT)付近で、それぞれ十五キロ、二十キロの渋滞が予測されている。

 上り方面では、連休後半の五月四、五日夕方をピークに常磐道千代田石岡IC付近でいずれも二十五キロの予測。同じ四、五日夕には北関東道西行き友部JCT付近でも、十五キロ以上の渋滞が見込まれている。

 最新の道路交通情報は、高速道路会社各社のホームページや電話などで確認できる。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報