東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

「国民民主に結集 動向注視したい」 メーデーで連合茨城

ボードやのぼりを掲げてデモ行進するメーデー参加者たち=水戸市で

写真

 連合茨城の県中央メーデーが二十八日、水戸市の県三の丸庁舎広場で開かれ、加盟労組の組合員ら約千二百人(主催者発表)が参加した。長時間労働の是正や同一価値労働同一賃金の法整備など、働く者の立場に立った働き方改革の実現を目指す「メーデー宣言」を採択。市内をデモ行進し、「長時間労働をなくそう」などとシュプレヒコールを上げた。

 式典では、連合茨城の内山裕会長が政治状況に触れ「先の総選挙でバラバラになってしまった政党が、どれだけ(民進と希望による新党)国民民主党に結集できるのか、動向を注視したい」と語った。来賓の民進の参院議員、希望の衆院議員は「日本の政治の環境をより良くするため力を貸してください」などと訴えた。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報