東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

ゆるキャラに親子で笑顔 イオンタウン水戸南に集結

会場には水戸市の「みとちゃん」(左)や栃木県の「とちまるくん」など人気のキャラクターが集まった=茨城町で

写真

 県内外のゆるキャラが集まる「祭り」が29日、イオンタウン水戸南(茨城町)で開かれた。大型連休中の恒例行事で、キャラたちは訪れた多くの親子連れを楽しませた。

 祭りは東日本大震災の復興を支援しようと、2012年に始まった。県の魅力を発信するために継続しており、今回で7回目。水戸市の「みとちゃん」、東海村観光協会の「イモゾー」など県内のご当地キャラのほか、栃木県の「とちまるくん」、埼玉県所沢市の「トコろん」など県外のキャラたち計26団体28体が集まった。

 イオンタウンの駐車場に作られた特設ステージ脇では、キャラたちが子どもたちとの記念撮影に応じていた。土浦市から家族3人で遊びに来ていた石井恵那ちゃん(4つ)は市のキャラ「つちまる」とパチリ。「かわいい」と楽しそうだった。

 ステージではキャラたちが自分の所属自治体や団体をPR。キャラたちによる椅子取りゲームもあり、会場を盛り上げた。このほか、キャラごとに所属自治体や団体のブースも設けられ、担当者もキャラに負けずにPRしていた。 (山下葉月)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報