東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

ポーズ決め サメに襲われる? つくばでトリックアート展

自動車をかついでいるように見える絵=つくば市で

写真

 目の錯覚を誘う絵画などを展示する企画展「世にも不思議な美術展 トリックアートの世界」が、つくば市吾妻のつくばエキスポセンターで開かれている。二十日まで。 (宮本隆康)

 会場には、平面の絵なのに動物が飛び出して見えたり、角度を変えると違って見えたりする約五十点を展示。マンモスが壁を破って迫ってくるように見える絵や、光の当て方によってモナリザが動いて見える作品もある。

 作品の前でポーズを決めれば、サメに襲われたり、宙に浮いているように見え、まるで絵の中に人間が入ったような写真を撮ることもできる。

 不思議な見え方をする「だまし絵」や、目の錯覚の研究も紹介している。

 問い合わせなどは、つくばエキスポセンター=電029(858)1100=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報