東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

城里コシアブラ出荷自粛を要請 セシウム基準値超で

 県は十一日、城里町産の野生のコシアブラで食品衛生法の基準値(一キロ当たり一〇〇ベクレル)を上回る放射性セシウムが検出されたため、出荷自粛を要請したと発表した。

 県によると、町産の野生のコシアブラを巡っては、四月に水戸市内で販売された商品から、基準値を上回る放射性セシウムが検出された。これを受け、町は四月下旬に、町内三カ所で十検体を採取して検査したところ、すべての検体で基準値を超える一キロ当たり五一〇〜一一〇ベクレルの放射性セシウムが検出されたという。

 解除には三年間にわたって検査し、安定して低水準であることの確認などが必要となる。県内では、日立、常陸太田、常陸大宮の三市の野生のコシアブラに出荷制限がかかっている。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報