東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

日銀水戸 5月の県内概況 7カ月連続「緩やかに回復」

 日銀水戸事務所は、五月の県内金融経済概況で県内の景気は「緩やかに回復している」とした判断を七カ月連続で据え置いたと発表した。

 個人消費では、百貨店やスーパーの販売額(三月)は、日用品や雑貨は堅調だったが食料品などが低調で、四カ月ぶりに前年を下回った。新規住宅着工戸数(同)は、四カ月連続で前年を下回り、減少傾向が続いている。

 公共工事請負金額(同)は、二カ月連続で前年割れ。ただし、基調としては下げ止まっている。

 一方、乗用車新車登録台数(四月)は、六カ月ぶりに前年を上回った。

 企業の生産活動は、鉱工業生産指数(季節調整値)が増加基調。輸出はアジア・新興国向けの化学・機械類を中心に、全体でも前年を上回った。事務所は「輸出を起点とする製造業部門の改善を主因に、緩やかながらも回復のテンポを強めていく」とみている。 

  (酒井健)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報