東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

鉾田の甘〜いメロンいかが 市町村別産出額が日本一

県産オリジナルブランドの「イバラキング」を手に、メロンシーズン入りをPRする浜田さん=水戸市で

写真

 県産メロンが旬を迎える中、産地の鉾田市で「ほこたブランド大使」を務める浜田こころさん(21)らが東京新聞水戸支局(水戸市)を訪れ、消費拡大をPRした。 (越田普之)

 メロンは北海道や熊本県のブランドイメージが根強いが、生産量は県が日本一で、全国シェアの四分の一を占める。そんな「メロン県」の中でも、鉾田市はメロンの産出額で市町村別の全国トップに立っている。

 十日に支局を訪れた浜田さんは「多くの人に良さを伝え、『メロンと言えば鉾田』と思ってもらえるようにしたい」と話した。

 県産メロンのイメージアップのため、県や市では毎年この時期を「ハッピー・メロン・シーズン」と銘打ち、さまざまなイベントを展開している。

 県内では六月三十日まで、菓子店や飲食店、宿泊施設など八十九店舗が県産メロンを使ったオリジナルメニューを提供する。また、六月二、三日には、茨城町の農業施設「ポケットファームどきどき」でメロンまつりが開かれる。

 首都圏向けPRも強化。三越銀座店(東京都中央区)で大井川和彦知事が、伊勢丹新宿店(新宿区)で鉾田市の岸田一夫市長が、それぞれトップセールスを展開する予定にしている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報