東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

大正期建造 龍ケ崎の西洋館 東京駅丸の内駅舎と同じれんがだった

東京駅丸の内駅舎と同じれんがで建てられた「竹内農場赤レンガ西洋館」=龍ケ崎市で

写真

 大正時代に建てられた龍ケ崎市の洋館「竹内農場赤レンガ西洋館」に、同時期に建設された東京駅丸の内駅舎と同じ工場製のれんがが使われていたことが分かった。調査した市教育委員会は、れんがの刻印で確認したといい、今後は歴史的価値を踏まえて保存を検討する。

 市教委によると、洋館は建設機械大手「コマツ」の創業者、竹内明太郎(めいたろう)(一八六〇〜一九二八年)が、別荘として一九二〇(大正九)年に建設。れんが造り一部二階建てで、延べ床面積は約二百二十五平方メートル。現在は屋根や床が抜け落ち、外壁だけが残っている。

 市教委の委託を受けた業者が昨年九月の調査の際、れんがをたわしでこすったところ、埼玉県深谷市の「日本煉瓦(れんが)製造上敷免(じょうしきめん)工場」で作られたことを示す「上敷免製」という刻印が確認できた。丸の内駅舎は同工場のれんがを使い、一四(大正三)年に建設された。

 市教委文化・生涯学習課の担当者は「どのような方法であれば保存が可能か考えたい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報