東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

「日本一のピーマン」とメロンPR 「JAしおさい」知事訪問

メロンを試食する大井川知事(右)と安藤組合長=県庁で

写真

 鹿嶋市と神栖市を管轄する「JAしおさい」の関係者らが、県庁に大井川和彦知事を訪ね、特産のピーマンとメロンをPRした。

 県のピーマン産出額は全国の都道府県で1位。うち約6割を両市産が占める。29日に大井川知事と面会した安藤昌義組合長は「切らずに、丸焼きにするとおいしい。(中身の)種と綿も、蒸されてそのまま食べられる」と、地元生産者の「秘伝」の調理法を披露した。

 鹿嶋市のタカミメロンとユウカメロンは、生産量は限られるが「味は(名産地の)鉾田市産に負けない」と安藤組合長。試食した大井川知事は「程よい甘さで、上品な味」と話した。

 カシマサッカースタジアム隣のJA直売所などで販売している。 (酒井健)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報