東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

神栖の防災アリーナ 正式名称決める市民投票 7月1〜17日実施

メインアリーナの鉄骨組み立て工事が進む「防災アリーナ(仮称)」=神栖市で

写真

 住民投票で「見直し」が多数を占めたのに、建設続行が決まった神栖市の防災アリーナ(仮称)について、市は三十一日、正式名称を決める市民投票を七月に実施すると明らかにした。

 市によると、名称候補は公募で集まった四百四十四点から、市幹部らの選考委員会が五点に絞り、市民や市在勤、在学者らに選んでもらう。

 七月一日号の広報紙で名称候補などを紹介し、公共施設に置く投票箱などで投票してもらう。七月一〜十七日を投票期間とし、八月中旬に発表する。

 石田進市長は三十一日の定例会見で「(賛否が)いろいろあったので、市民に名前を決めてもらい、親しまれる施設にしたい」と説明。ただ、災害時の避難所としての機能もあるため「防災の文字は、どこかに残したい」と話した。

 防災アリーナは総事業費百七十一億円に上り、昨年十月の住民投票で「見直し」を求める票が多数を占めた。石田市長は翌月の市長選で「見直し」を掲げ初当選。だが、PFI(民間資金活用による社会資本整備)方式の事業者側と交渉した結果、費用を抑えることができないとして二月に見直し断念を表明した。

 アリーナは来年三月に完成、六月の開業を予定している。 (酒井健)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報