東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

東京一極集中の是正へ 14知事同盟が共同宣言

 東京一極集中の是正を目的に、大井川和彦知事ら知事14人でつくる「日本創生のための将来世代応援知事同盟」は若者の就業や子育ての支援策などについて議論するイベントを仙台市で開き、「結婚から育児まで切れ目のない支援や、産学官民が一体となった地域産業の担い手育成などに力を入れる」との共同宣言を発表した。

 イベントは5月31日にあり、冒頭、村井嘉浩・宮城県知事が「日本を良い方向に持って行こうと志を同じくする仲間。成果を出したい」とあいさつ。その後、「しごとの創生」「働き方改革」をテーマに、先進的な取り組みを行う会社経営者らを交えて各県の知事らが意見を交わした。

 大井川知事は、農村などで人口減少が加速していることに触れ「海外展開などに挑戦する起業家を育て、利益率の高い産業を生み出す必要がある」と指摘。平井伸治・鳥取県知事は「保育園の無償化を進め、県内に移住して子育てする人が出てきた」と取り組みを紹介した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報