東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

「災害マップ」スマホでも 防災科研、風水害など年ごとに表示

スマホに表示された災害年表マップ=つくば市で

写真

 防災科学技術研究所(つくば市)は、全国で過去千六百年間に起きた自然災害を地図に表示する「災害年表マップ」のスマートフォン・タブレット端末版の公開を始めた。

 防災科研によると、古墳時代の四一六年から、二〇一四年までに起きた約五万八千件の災害を収録している。発生年ごとに市町村単位で、地震や火山の噴火、風水害などを表示する。

 画面で調べたい年を示すと、その年に自然災害が発生した自治体には印が表示される。印は災害の種類ごとに色分けされており、クリックすると被害状況や発生日などが示される。地方や災害の種類ごとに情報を絞り込んで見ることもできる。

 防災科研は、過去の災害を手軽に調べられるように一昨年からマップを公開している。これまでパソコンからのみ閲覧可能だったため、スマホなどでも閲覧できるよう要望が出ていた。

 担当者は「住んでいる地域や出掛ける先の災害履歴を知り、起こり得る災害に備えるきっかけになれば」と話している。

 アドレスは、http://dil-db.bosai.go.jp/saigai2016/。 (宮本隆康)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報