東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

笠間市長「畑岡、半端ないって」 地元出身19歳、女子ゴルフ米ツアー初V

米女子ゴルフツアーで初優勝し、母博美さん(右)と喜ぶ畑岡選手=24日、米アーカンソー州のピナクルCCで(共同)

写真

 笠間市出身で女子プロゴルファー畑岡奈紗選手(19)が、日本人最年少で米ツアーに初優勝したことを受け、笠間市の山口伸樹市長は「市民に大きな感動と勇気を与えていただきました。改めて『畑岡、半端ないって』と感じています」とコメントを発表した。

 また、大井川和彦知事は「県民を代表して心からお祝い申し上げます。今後もますますご活躍されることを祈念します」とした。

 畑岡選手は優勝後の記者会見で「日本人向きのコースだと思っていたので、自分にも優勝のチャンスがあると思っていた」と振り返り、母親のサポートについて「母がご飯をつくってくれるし、お米を食べるとパワーが出る」と答えた。

 笠間市は近く、初優勝を祝い市役所に懸垂幕を設置する。

 畑岡選手は市立岩間中学校卒業で、2016年にアマチュアとして日本女子オープン選手権で史上初優勝した際、市から特別功労表彰された。県は、県の魅力を発信する「いばらき大使」を委嘱している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報