東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

東海村の「科学館」刷新へ 茨原協、国に3億2000万円要望

 公益社団法人茨城原子力協議会は二十八日、水戸市内で定時総会を開き、東海村で運営する「原子力科学館」をリニューアルすると報告した。展示物の老朽化と陳腐化が理由で、費用三億二千万円を国に要望するという。

 工事完了は、日本原子力発電(原電)東海第二原発が再稼働される可能性のある二〇二一年を予定しているが、内山洋司会長(筑波大名誉教授)は取材に「展示内容は特定の発電所の動向に左右されるものではない」と関連を否定した。

 協議会は、放射線や原子力の普及啓発を目的に一九七九年に設立。東海村や水戸市など県内二十六市町村をはじめ原電や日本原子力研究開発機構、日立製作所などが正会員に名を連ね、会費を支払って運営を支えている。

  (越田普之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報