東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

<ひと物語 幕末〜明治>牛久市出身 あんパンを最初につくった 木村安兵衛(下)

木村安兵衛の住居跡に立つ稲荷大明神=龍ケ崎市で

写真

 木村安兵衛の次男の英三郎が開発したわが国最初のあんパンが売り出されると銀座木村屋のあんパンと言って評判を呼びます。このうえ、さらに皇室に納めることになったからあんパンは一層、引っ張りだこ。

 一八七五(明治八)年四月四日、明治天皇が隅田川の花見のついでに旧水戸藩下屋敷を訪問するに当たり、いかに接待するか、最後の水戸藩主となった徳川昭武は悩みます。

 昭武は、江戸城無血開城に尽力した幕臣で、茨城県参事などを務めた山岡鉄舟に相談。山岡は「ならば木村屋のあんパンをお茶請けに」と勧めます。鉄舟は、安兵衛の妻ぶんの弟と親しかったので、木村屋の評判は聞いていました。

 「のれんや看板に『木村家』とあるのも、山岡鉄舟の筆によるものです」(銀座木村家営業企画室の上野仁さん)

 ついでに記せば、日本記念日協会は二〇〇一年、明治天皇があんパンを食べたのにちなんで四月四日を「あんぱんの日」に登録しています。

 明治天皇は初めてずくめの人でした。一八七一年八月、肉を用いた西洋料理を初めて食べ、翌年四月には洋装を着用。七三年三月には洋髪に変えます。

 なので、あんパンもいたくお気に召され、早速、皇室に納めよとの依頼。思わぬ幸運に浴した英三郎はそこでもうひとつ、あんパンに工夫を加えます。あんパンの表面真ん中をへこませたそこに塩漬けの八重桜の花弁を添えた、「桜あんぱん」です。

 木村屋の桜あんぱんは真ん中がへこんでいることから消費者に「へそパン」と呼ばれ、またまた木村屋の人気商品になります。

 店の繁盛に伴い、安兵衛の息子や親族が支店を構える、あるいはパン製造の習得を終えた者たちにのれん分けするなどで木村屋の店舗は拡大し、一八九八年ごろには東京だけでも二十八の木村屋が開店します。

 銀座木村屋は日本人による日本人向けのパンを製造し、さらにあんパンの開発で食パンに加えて菓子パンも登場させるなど新機軸を次々と展開し、パンの歴史に新たな一ページを加えていきます。

 「現在、銀座本店だけで一日四千個から五千個のあんパンを製造してます。これは当店だけで販売し、他店に卸したりはしてません」(上野さん)

 銀座木村屋の一層の繁栄と、八九年七月に逝去した安兵衛の遺徳をしのぶ意味から毎年五月九日、東京都台東区内の菩提(ぼだい)寺で祖先祭が催され、木村屋支店の関係者が全国から集います。 (ノンフィクションライター・岡村青)

     ◇

<参考文献> 「銀座木村屋あんパン物語」(大山真人、平凡社新書)、「パン産業の歩み」(パン産業の歩み刊行会編、毎日新聞社)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報