東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

昨年の所得公開 県議平均1592万円 大井川知事は対象外

 県議の二〇一七年の所得や新たに取得した資産などが二日、公開された。一人当たりの平均は千五百九十二万円(一万円未満切り捨て)だった。

 公開は、県議六十人のうち、昨年一年間を通じて県議だった五十九人が対象。常総市の金子晃久さん(いばらき自民)は昨年八月に当選したため、除かれる。

 所得トップは、西條昌良さん(神栖市区)で四千四百三十四万円。議員報酬以外の主な収入は、代表を務める会社と社会福祉法人の役員報酬だった。続いて鈴木定幸さん(常陸大宮市区)の三千七百五十四万円、川津隆さん(水戸市区)の三千六百四十七万円。三人とも会派はいばらき自民。

 昨年九月に就任した大井川和彦知事の所得は公開対象外。資産等補充報告書でも該当はなかった。

 県議の所得等報告書などは県議会の議会事務局で、知事の資産等補充報告書などは県庁三階の行政情報センターで閲覧できる。 (鈴木学)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報