東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

東海第二原発 審査書案の了承を受け 大井川知事「まだ一部許可、状況注視する」

 審査書案の了承を受け、大井川和彦知事は「まだパブリックコメントがあり、適合審査の一部で許可の方向に進んでいるということ。工事計画と運転期間延長の審査も残っており、状況を注視していきたい」と語った。

 原発三十キロ圏に約九十六万人が生活することを踏まえ、課題には「実効性のある防災対策、広域避難計画をつくること」を挙げる。「県の原子力安全対策委員会で厳正に安全性を審査し、防災対策を周辺自治体と一緒になってしっかりつくっていくことにつきる」と話した。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報