東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

<夏の高校野球>「夢かなえる子、一人でも多く」 仁志敏久さんが始球式

始球式でマウンドに立つ仁志さん=水戸市で

写真

 開幕戦では、常総学院OBの元プロ野球選手、仁志敏久さん(46)が始球式をした。

 仁志さんは古河市出身で、常総学院時代は甲子園に三年連続で出場。巨人や横浜などで活躍し、現在はU−12(十二歳以下)の日本代表監督を務める。

 スーツ姿で臨んだ始球式では、103キロの直球で球場をわかせた。

 終了後の取材に「勝ち負けは必ずあるが、勝敗を超え、学んだことが生かされる時期」と球児たちにエール。「野球に限らず、夢をかなえる子が一人でも多く出てきてほしい」と語った。 (酒井健)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報