東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

小中学生の陶芸、力作250点展示 笠間で全国展 県内2人に文部科学大臣賞

文部科学大臣賞を受賞した井上凰さんと受賞作品=笠間市で

写真

 全国の小中学生が作った陶芸作品を展示する「全国こども陶芸展 in かさま」が笠間市の県陶芸美術館で開かれている。27日に開催された表彰式で、小中学生3人に最高賞の文部科学大臣賞が贈られた。

 3人は神栖市立息栖小3年の野口竜靖君(8つ)、那覇市立泊小6年の井上凰さん(11)=2年連続、石岡市立八郷中2年の米川倖聖さん(13)。

 鮮やかな水色のランドセルの中に、弁当箱や筆箱を入れた作品の井上さんは「中学校ではランドセルを使う機会がないので、(思い出として)残せるように丁寧に作った」と話した。

 応募作1466点のうち、入選作150点を含む約250点が展示されている。8月30日までで入場は無料。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報