東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

目指せ!モデル企業 3年間の働き方改革 県が10日まで募集

 働き方改革を進めようと、県は、業務改善や働きやすい環境づくりに取り組む中小企業を募っている。無料で専門家のアドバイスを受けられる支援もあり、担当者は「コンサルタントとともに課題を解決しながら、本県の働き方改革のモデル企業を目指しませんか」と応募を呼び掛ける。

 県によると、募集は五社。県内に主たる事業所を置き、三年間継続したコンサルティングを受けて働き方改革に取り組むことが条件となる。

 支援は、従業員定着率の向上や業務効率化などへの無料コンサルティングのほか、システム開発・導入など情報通信技術(ICT)活用に上限二百万円(補助率二分の一)の補助を受けられる。県は事例を紹介し、県全域への波及を狙う。希望する企業は十日までに、申し込み専用サイトから。問い合わせは、県労働政策課=電029(301)3635=へ。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報