東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

<夏の甲子園>組み合わせ決定 土浦日大、初戦は9日第4試合

気合いを入れる土浦日大ナイン

写真

 第100回全国高校野球選手権大会で2日、抽選会が大阪市内であり、2年連続4度目の出場になる土浦日大の初戦は日程が順調に進めば、9日の第4試合で興南(沖縄)に決まった。

 抽選では、土浦日大の鈴木健太主将がくじを引いた。大会は5日、甲子園球場で開幕する。4日に開会式のリハーサルがある。

 対戦する興南は2年連続12度目の出場で、沖縄大会6試合を6点に抑えた投手陣を中心としたチーム。多彩な変化球を持ち味にする技巧派左腕の藤木琉悠投手や右の本格派の当山尚志投手らがおり、層が厚い。

 土浦日大は、県大会の準決勝・霞ケ浦戦で、鈴木主将が2本塁打を放つなど長打力がある。6試合で1試合平均6点以上を取り打線が活発で、興南の投手陣を打ち崩せるかがポイントになりそうだ。

対戦が決まり、健闘を誓う土浦日大・鈴木健太主将(右)と興南・仲村匠平主将=いずれも大阪市北区のフェスティバルホールで

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報