東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

津波で防波堤に漂流物 北方から想定せず 東海第二安全検討WT会合

原電の担当者(手前)に質問する越村委員(右)=水戸市で

写真

 東海村の日本原子力発電(原電)東海第二原発の安全性を独自に検証する県のワーキングチーム(WT)は六日、水戸市内で会合を開いた。津波対策が主要なテーマで、原電は、津波が南東から押し寄せる想定だとして、北に位置する日立港からの漂流物が防潮堤に衝突する可能性は考慮していないと説明した。

 原電は、基準津波の高さを一七・一メートル、高潮などを考慮した最大値を一八・五五メートルと算出し、高さ二十メートル、全長一・七キロメートルの防潮堤を築く計画を立てる。会合では、防潮堤に衝突する最大の漂流物に五トンの漁船を想定、その荷重に耐えられる設計にするとした。

 また、防潮堤は部分により鋼製、鉄筋コンクリート、鋼管くいと、三つの構造を採用。それぞれをつなぐ「止水ジョイント」の性能について、東北大災害科学国際研究所教授の越村俊一委員がただしたのに対し、原電は「(地震などで防潮堤が変形し、つなぎ目が)最大二メートル開いたとしても止水シートが伸びて津波から防護できる」と説明した。

 (越田普之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報