東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

町にまつわる思い出寄せて 茨城町PR動画のテーマ曲

写真

◆音楽家・マシコさんが作詞のヒントに

 茨城町をPRするプロモーションビデオ(PV)を制作中の町は、テーマソングを作るため、町にまつわる思い出やエピソードを募集している。曲作りを依頼している「町ふるさと大使」で、常陸太田市出身の音楽家マシコタツロウさん=写真、町提供=にエピソードを渡し、作詞の参考にしてもらうという。 (越田普之)

   ◇

 マシコさんは「歌詞にする言葉を直接もらうというより、町の情景が浮かぶような超個人的な思い出やエピソードを寄せてほしい」と協力を呼び掛ける。

 その上で「曲調はPVに合わせるが、皆で歌える歌にしたい」と意気込んでいる。

 マシコさんは、一青窈(ひととよう)さんの「ハナミズキ」などヒット曲を多数生み出していることで知られる。

 応募は町民以外も可能。最大四百字程度にまとめ、写真や資料などと一緒に三十一日までに町役場秘書広聴課へ持参するか、郵送やメールで送る。写真や資料は返却されない。

 PVは、東京で暮らす町出身の女性が帰省し、昔は分からなかった人とのつながりや故郷の優しさに気付くというストーリー。主人公には、町出身の女優根矢涼香さんが出演するほか、多くの町民らがエキストラとして参加している。来年二月十一日の「町民の日」にお披露目される予定だ。

 問い合わせは町秘書広聴課内の制作事務局=電029(240)7126=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報