東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

盛り上がれ国体 県内で来年開催 土浦で1974年の写真展示

1974年の国体の様子を写した写真

写真

 県内で二〇一九年に開催される国体に関心を持ってもらおうと、土浦市が展示会「昭和四十九年国体写真展及び手作り応援のぼり旗展」を市民ギャラリー(大和町一)で開いている。二十六日まで。

 ギャラリーでは、国体で四十七都道府県から集まる選手や監督らを温かく迎え入れるため、市内の小中学校でデザインしたのぼり旗(縦百八十センチ、横四十五センチ)を展示。のぼりには、地域の特産物やご当地キャラ、建築物などが描かれている。福井県の旗には、緑色で大きく「がんばれ福井」と書かれ、特産のカニが描かれている。各都道府県三枚ずつある。一枚ずつが展示され、二十二日に入れ替えがある。ほかにも、一九七四年に県内であった国体や当時の市内の写真と、今回、市が会場となる競技を紹介するパネルも展示されている。

市内の小中学生が作製したのぼり旗=いずれも土浦市民ギャラリーで

写真

 市の担当者は「前回の国体を知っている方には懐かしんでもらい、知らない方には興味を持ってもらいたい」と話した。

 開館時間は午前十時から午後六時までで、入場無料。 (水谷エリナ)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報