東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

3JA合併、暗礁に 知事立ち会い 締結したばかり

 県南のJA土浦、JA竜ケ崎、JA茨城かすみの合併を巡り、組合員の承認を求める臨時総代会があり、このうちJA竜ケ崎で反対が三分の一を上回り、否決した。三JAは来年二月に「JA水郷つくば」として再スタートを切る予定だったが、ここに来て暗礁に乗り上げる形となった。

 JA土浦に設けられている合併協議会の担当者は「合併を先延ばしにするか、白紙に戻すか、今後の議論次第」と話した。

 JA竜ケ崎によると、臨時総代会は二十五日に開かれ、総代五百七人のうち四百八十人(書面や委任状を含む)が出席した。採決の結果、反対が百八十二に上り、規定によって合併議案は否決された。

 合併協議は、JA改革の一環で今年三月から進められてきた。JA竜ケ崎は、四月の通常総代会などで組合員に説明を重ねてきたとしているが、協議の進め方や合併時期などについて、理解を得られなかったとみられる。

 三JAは一日、大井川和彦知事らを立会人に土浦市内で合併契約を結んだばかり。JA水郷つくばが発足すれば、県内最大のJA常陸に次ぐ規模になるはずだった。

  (越田普之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報