東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

思い出の地でアート展 「R−1」優勝 芸人・佐久間さん

塗り絵のワークショップで、参加者に声を掛ける佐久間さん(中)=水戸市で

写真

 JR水戸駅北口のシンボルとして親しまれ、十七日に四十九年の歴史に幕を下ろす丸井水戸店で、水戸市出身のお笑い芸人佐久間一行さん(41)のアート展が開かれている。二日も多くのファンが来場し、かわいらしい作品をバックに記念撮影する姿が見られた。

 佐久間さんは二〇一一年にピン芸人コンテスト「R−1ぐらんぷり」で優勝した実績を持つ。高校時代には丸井水戸店の紳士服売り場をよく訪れていたといい「丸井は一生ここにあると思っていた。閉店前にぜひ個展を開きたかった」と思い入れを語った。

 会場の十階イベントスペースには、コントの世界観を表現したパネルや絵画などが並ぶ。この日は丸井水戸店を題材にしたイラストの塗り絵体験会もあり、参加者は佐久間さんとの交流を楽しんでいた。

 アート展は三日から六日が休み。七日に再開し、九日まで。時間は午前十時半から午後七時半まで。入場料は五百円。 (越田普之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報