東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

積乱雲の生涯、絵本に つくばの気象研究所・荒木さん

絵本「せきらんうんのいっしょう」を出版した気象庁気象研究所の荒木健太郎研究官=つくば市で

写真

 気象庁気象研究所(つくば市)の荒木健太郎研究官(33)が、大雨や雷、竜巻をもたらす積乱雲の成り立ちを物語にした絵本「せきらんうんのいっしょう」(ジャムハウス)を出版した。西日本豪雨など積乱雲を要因とする災害を踏まえ「雲がどう発生し、どんな生涯をたどるかを楽しんで知り、防災意識を高めて」と思いを込める。

 空に高くそびえる積乱雲は、冷気などが暖気を持ち上げ、強い上昇気流が起きて発生する。

 絵本では、暖かく湿った空気「だんきくん」の下に、冷たい空気「れいきくん」が潜り込む。だんきくんは目的意識がなく怠けていたが、れいきくんに「やればできる」と励まされて自信をつけ、高い雲になろうと伸びてゆく。

 積乱雲になったが、成長の限界に直面し、負の感情を雷雨として地上に吐き出す。弱った末にれいきくんになってしまうが、自身もれいきくんに持ち上げてもらった過去を思い出し、別のだんきくんに未来を託そうと立ち直る。

 目標を持てなかったり、達成できなかったりする現代人の日常的な悩みに、雲の変遷を重ねた。

 挿絵は、荒木さんが積乱雲の研究に行き詰まった時の落書きを基に、漫画家小沢かなさんが描いた。雲の形は成長に沿い正確に表し、気象学に配慮した。本の最後に、大人向けに、雲の解説や雨量分布を予測する気象庁のサービスを載せた。

 積乱雲は寿命が30分〜1時間程度で、数キロから数十キロの狭い範囲で急発達する。多くの犠牲者が出た7月の西日本豪雨は、停滞する梅雨前線に大量の暖気が流入し、多数の積乱雲が発生。広範囲で激しい雨が続いた。

 荒木さんは「空と絵本を見比べ、子どもにも、危険を告げる雲のメッセージに気付くようになってもらえれば」と話す。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報