東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

全国のヨーグルト集合 小美玉で20、21日サミット

サミット向けに制作されたTシャツを着用し、ヨーグルトの「ヨ」を表すポーズを取る関係者

写真

 県内一の酪農地帯として知られる小美玉市で二十、二十一の両日、市内産をはじめ全国のヨーグルトが集まる「第一回ヨーグルトサミット」(東京新聞水戸支局など後援)が開かれる。サミットの企画内容が固まり、市職員や酪農家ら関係者がPRに知恵を絞っている。 (越田普之)

 市の若手職員が発案したサミットは、ご当地ヨーグルトが作られている全国の自治体のうち、九道県の十五市町村が参加。ご当地ヨーグルトの人気投票や物産展、ヨーグルトを題材にしたミュージカル、ヨーグルト早飲み大会などが企画されている。

 また、ヨーグルトの機能性や各地の生産事情を学べる「ビジネスサミット」も両日に予定されている。全国九百種類のヨーグルトを食べたというブロガーによる講演会もある。

市出身の女優・モデルで、サミットのイメージモデルに起用された廣木葵さん(いずれも小美玉市提供)

写真

 市内にある茨城空港のロビーには、サミットをPRする二種類の巨大タペストリーがお目見えし、インパクトは十分だ。市の担当者は「全国からの利用客に加え、空港に遊びに来る市民にも浸透すると思う」と期待する。

 常磐道の上を通る高架橋にもサミットの横断幕を設置し、周知を狙う。また、サミットのイメージモデルに市出身の女優・モデルの廣木葵(ひろきあおい)さん(23)を起用。事前のPRにとどまらず、サミットのイベントにも出演してもらう予定という。

 サミット用に制作された黒地のTシャツの売れ行きも好調だ。最初に用意した二百枚はすでに完売し、追加で発注をかけたという。

 サミットの会場は、文化館や福祉施設が集まる「四季の里」。開催時間は両日とも午前十時〜午後四時。会場の駐車場が使えないため、茨城空港、市役所、希望ケ丘公園、JR羽鳥駅東口から無料シャトルバスが運行される。

茨城空港のロビーにお目見えした巨大タペストリー=小美玉市で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報