東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

<ひと物語 幕末〜明治>児童教育に尽くした 豊田芙雄(中)

かつて勤務した水戸二高に建立された豊田芙雄の銅像=水戸市で

写真

 豊田芙雄(とよだふゆ)と小太郎の結婚生活は、わずか四年ほどでした。開国派の彼は反対派に暗殺されます。以来、芙雄は独身を通します。

 それは、小太郎が脱藩して水戸から京都に旅立つ時、「心を鬼にしておれよ」と告げ、出て行ったことと関係します。つまり、小太郎のこの言葉こそ芙雄のその後の人生を決定づけたからです。

 芙雄は、「心を鬼に…」とは自分に厳しく他に依存せず、自分の進む道は自分で決める自立心と、理解したのです。

 「この時でした。名を冬から芙雄に改めたのは。そのため、改名には彼女の決意が込められています」

 笹目礼子・県立歴史館歴史資料課長はそう説明します。なお、「芙雄子」の名も用いるが、女性に「子」をつけるのは一般的で、他意はないとのことです。

 「心を鬼に…」の言葉は夫の遺言です。芙雄は遺言を終生の支えとして自立の道を歩みます。自立の道とは、教育者として立つということでした。

 芙雄は結婚当時も向学心が強かったが、夫の死後、実家に戻り、蔵書の四書五経や和書を再読。さらに夜間には漢学塾に通います。

 この時、彼女は懐中に短刀を忍ばせ、提灯(ちょうちん)もつけずに夜道を通ったといいます。なにしろ、水戸藩は天狗(てんぐ)騒動の最中。いつ身に危険が及ぶか分かりません。それにもひるまず、芙雄はひたすら学問に励みます。

 時代は明治に変わり、世情も次第に落ち着く一八七〇(明治三)年、芙雄は私塾を開き、近所の児童たちに漢学などを教えます。これが彼女の、教育者としての第一歩でした。

 これを機に、教育者としての才能も開花します。開塾から三年後、発桜(はつおう)女学校が開校すると教師の依頼を受け、三十数名の塾生とともに移ります。

 同校は茨城県で最初の県立女学校でした。校名は藤田東湖が詠んだ『正気の歌』の「発(ひらい)ては万朶(ばんだ)の桜」から採ったと言われます。そのうえ、同校は、嫁ぎ先の豊田家跡地に設けられたもの。恐らく、芙雄はくしき因縁に感慨深いものを覚えたはず。

 さらに七五年には、東京女子師範学校(現在のお茶の水女子大)に招聘(しょうへい)されます。満三十一歳でした。(ノンフィクションライター・岡村青)

<参考文献> 「日本幼児教育の先覚」(渡辺宏、崙書房)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報