東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

三浦九段がスマホ調査結果公表

将棋、処分撤回求める

 対局中に将棋ソフトを不正使用した疑いが浮上し、日本将棋連盟から年内の出場停止処分を受けた三浦弘行九段(42)が7日、都内の解析会社に依頼したという自身のスマートフォンの調査結果資料を公表した。改めて疑惑を否定し、連盟に即時の処分撤回を求めた。

 三浦九段は、スマホの調査の結果、将棋ソフトや自宅のパソコンなどを遠隔操作できるアプリがインストールされた形跡はなかったと主張。また、過去の通信記録も公開し、「対局日の通信データ量が、対局がなかった日と比べて少ないことから、対局中に電源をオフにしていたことがうかがえる」とコメントした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by