東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

封じ手は「4五歩」 王位戦第1局

立会人の谷川浩司九段(右端)が開封した封じ手を指す菅井竜也王位(右から2人目)。左は豊島将之八段=5日午前、愛知県豊田市のホテルフォレスタで

写真

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之八段(28)が挑んでいる第59期王位戦七番勝負(中日新聞社主催)の第1局は7月5日午前9時、愛知県豊田市の「ホテルフォレスタ」で再開し、指し継がれた。

 前日の手順が再現された後、立会人の谷川浩司九段が菅井の封じ手4五歩(35手目)を読み上げ、2日目の対局が始まった。

写真

 前日、菅井が96分の長考で封じた4五歩を豊島はノータイムで取り、以後速いペースで手が進んだ。菅井が7五銀(41手目)と駒損して激しい戦いを求めると、豊島は王手飛車取りの筋を覚悟で7五同飛(42手目)と応じた。

 菅井は角と交換で得た飛車をすぐ敵陣に打ち込み、積極的に攻めた。豊島は攻防に活用できる5四角(58手目)で応戦。続く8八角(60手目)で反撃を試みた。互いに手持ちの大駒を打ち合い、緊迫した局面で昼食休憩に入った。

 谷川九段は「菅井王位が技をかけているが、豊島八段が反発力のある受け方をしている。第1局から大熱戦になりそう」と話した。

 同日夜までには勝敗が決まる見通し。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報