東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

王位戦 菅井が先勝

王位戦第1局で、豊島将之八段(手前)に先勝した菅井竜也王位=5日夜、愛知県豊田市のホテルフォレスタで

写真

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之八段(28)が挑む第59期王位戦七番勝負(中日新聞社主催)の第1局が5日、愛知県豊田市の「ホテルフォレスタ」で指し継がれ、午後6時17分、133手までで先手番の菅井が勝ち、初防衛に向けて好発進した。

 持ち時間各8時間のうち、残りは菅井1時間、豊島1分。第2局は24、25日に「中の坊瑞苑」(神戸市)で行う。

 本局は、菅井のゴキゲン中飛車に豊島が居飛車で応戦。初日は互いに大長考するゆっくりした展開だったが、2日目は午前中からテンポ良く手が進んだ。

 菅井は駒損覚悟の7五銀(41手目)で激しい戦いに持ち込み、5四飛(63手目)からたたみかけるように攻めた。

 豊島は3二香(86手目)など、持ち駒を次々に使って防戦。さらに9九飛(88手目)などで反撃したが、菅井は着実に敵玉に迫り、最後は即詰みに仕留めた。投了図以下、後手1二玉は1三香から詰む。

写真

 立会人の谷川浩司九段は「終始菅井王位が主導権を握っていたが、豊島八段からも簡単には負けられないという気迫を感じた。次局以降も熱戦になるだろう」と話した。

桂を取って勝ちに

 菅井竜也王位の話 あまり経験のない形だったので、どう指していいのか難しかった。4五歩(35手目)から仕掛けていったが、形勢判断はよく分からなかったです。終盤の5七馬(127手目)と桂を取ったところで勝ちを意識しました。

中盤から苦しい展開

 豊島将之八段の話 5四歩(33手目)からの仕掛けにこちらの対応がいろいろ考えられたが、考えていくうちに自信がなくなりました。どこで悪くなっているのかよく分からないが、中盤からは、はっきり苦しい展開でした。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報