東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

封じ手は4七歩成 王位戦第2局

封じ手を確認する豊島将之棋聖(左)と菅井竜也王位(右から2人目)=25日午前、神戸市で

写真

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之棋聖(28)が挑む第59期王位戦7番勝負(中日新聞社主催)の第2局が25日午前9時、神戸市の旅館「中の坊瑞苑(ずいえん)」で再開、指し継がれた。

 両対局者が前日の棋譜を再現した後、立会人の福崎文吾九段が菅井の封じ手(52手目)を開封。「4七歩成」と読み上げ、2日目の対局に入った。

 封じ手は攻めの継続が狙いで、控室で本命視された一手。対する豊島が4三飛成(55手目)と切って敵陣の銀を取ると、中央で駒をさばき合う激戦に突入した。両者は4三歩成(71手目)5七歩成(72手目)と、と金を作り合い、豊島が6二と(75手目)から菅井陣の守備駒を削って玉に迫ったところで昼食休憩に入った。

 副立会人の藤原直哉七段は「豊島棋聖の4四歩(65手目)が厳しい手で、菅井王位も攻め合いに出たが相手の玉は遠く、豊島棋聖がリードを広げている印象」と話した。

写真
写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報