東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

藤井七段8強 自身最後の新人王戦

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は28日、大阪市の関西将棋会館で指された第49期新人王戦トーナメントの3回戦で八代弥六段(24)を破り、ベスト8に進出した。準々決勝で近藤誠也五段(22)と対戦する。

 新人王戦は若手棋士やプロ棋士養成機関の奨励会員らが対象。トップ棋士への登竜門として知られ、歴代優勝者には羽生善治竜王(47)や渡辺明棋王(34)らがいる。同棋戦の参加資格は六段以下のため、2018年に昇段を続けてきた藤井七段にとって、今期が最後の出場となる。

 終局後、藤井七段は「新人王戦は最後の機会なので、少しでも上に行けるよう頑張りたい」と話した。

 藤井七段の18年度の通算成績は、これで13勝3敗となった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報