東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

菅井が穴熊に 王位戦第3局

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之棋聖(28)が挑む第五十九期王位戦七番勝負(中日新聞社主催)の第三局が一日午前九時、札幌市厚別区の「ホテルエミシア札幌」で始まった。

 一勝一敗で迎え、シリーズの流れを左右する一局。第二局で快勝し、勝敗をタイにした豊島が連勝で一歩抜け出すのか、第一局を制した菅井が初防衛へ巻き返せるか。定刻、立会人の屋敷伸之九段(46)の合図で、先手番の菅井が初手を「5六歩」と指した。

 豊島は8四歩(二手目)と居飛車を選び、菅井は第一局と同じ5筋位取り中飛車戦法を採用した。互いに銀を繰り出した後、豊島は3二銀(十八手目)から美濃囲いに。菅井は、飛車先の歩交換から5五銀(三十一手目)と積極的に動き、さらに1八香(三十七手目)から穴熊に潜った。

 屋敷九段は「菅井王位の中飛車、豊島棋聖の居飛車は得意戦法。今後動くとすれば、囲いが完成している豊島棋聖では」と話した。

 持ち時間は各八時間。初日は午後六時で指し掛け、手番が封じる。二日目の二日は午前九時に再開し、夜までに決着する見込み。

写真
写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報