東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

井山六冠に後退 20歳許、最速で碁聖に

 囲碁の井山裕太碁聖(29)に許家元(きょかげん)七段(20)が挑戦していた第43期碁聖戦(新聞囲碁連盟主催)5番勝負の第3局は3日、大阪市の日本棋院関西総本部で打たれ、許七段が224手で白番中押し勝ちし、3連勝で碁聖を奪取、プロ入りから最速の5年4カ月で7大タイトルを獲得した。全7冠保持者の井山碁聖は一角が崩され、6冠に後退した。

 許新碁聖は台湾出身で、2013年に15歳でプロ入り。これまで、7大タイトル獲得の最速記録は伊田篤史八段の6年ゼロカ月だった。20歳7カ月での碁聖獲得は、山下敬吾九段の21歳11カ月を抜き、同棋戦史上最年少。7大タイトルでは3番目の若さ。

 井山前碁聖は昨年10月の2度目の全7冠達成後、5タイトルを防衛したが、今期の碁聖戦で7大タイトルでは自身初のストレートで敗れ、6冠(棋聖、名人、本因坊、王座、天元、十段)となった。16年、最初の全7冠は3つ目の防衛戦となった名人戦で敗れ、保持日数は197日。今回は290日だった。

 終局は午後7時35分。持ち時間各4時間のうち、残りは共に1分。今回のタイトル獲得により、許新碁聖は4日付で八段に昇段。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報