東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

相穴熊の戦いに 王位戦第6局

豊島将之棋聖(右)の先手で始まった王位戦7番勝負第6局。左は菅井竜也王位=神奈川県秦野市の元湯陣屋で

写真

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之棋聖(28)が挑んでいる第59期王位戦七番勝負(中日新聞社主催)の第6局が10日午前9時、神奈川県秦野市の「元湯 陣屋」で始まった。

 3勝2敗で本局を迎えた菅井が勝って初防衛を果たすか、2冠を目指す豊島が最終局に持ち込むか、注目の一戦。定刻、立会人の先崎学九段の合図で、先手番の豊島が2六歩と指した。

 第2、第4局と同じく豊島は3手目に2五歩と突いて、菅井が得意とする中飛車戦法を封じる。菅井は飛車を振り、9一玉(18手目)と穴熊囲いを選択。豊島も9九玉(23手目)と進め、本シリーズ初の相穴熊の戦いになった。

 菅井が左銀を進出させると、豊島は7七角(35手目)と、歩損を甘受する意表の手順。そのまま菅井が30分小考し、昼食休憩に入った。先崎九段は「先手は一歩を取らせる間に大駒のさばきを優先させた、非常に斬新な構想。菅井王位がどう対応するのか注目される」と語った。

 持ち時間は各8時間。初日は午後6時で指し掛け、手番が封じる。2日目の11日は午前9時に再開し、夜までに決着する見通し。

写真
写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報