東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 2018年首都圏公立高校入試 > 千葉 > 記事

ここから本文

【千葉】

公立高後期入試 強風の影響で121校 1時間繰り下げ

 県内の公立高校で一日、今春の後期選抜入学試験が行われた。朝方の強風でJRの運行が遅れるなどし、集合時間に間に合わない受験生がいたため、百二十一校で学力検査の時間を一時間繰り下げた。全日制十一校では学力検査後に予定していた面接を見送った。電車の遅れなどで試験時間を遅らせたのは、二〇一二年三月の後期試験以来。

 後期選抜では、全日制で百二十校百四十五学科に一万六千二百五十六人が受験し、倍率は一・四〇倍だった。定時制は十五校十七学科に三百二十四人が受験し、倍率は〇・三七倍。

 合格発表は七日。募集定員に満たなかった学校・学科は九日に二次募集の志願を受け付ける。(村上豊)

PR情報