東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 2018年首都圏公立高校入試 > 群馬 > 記事

ここから本文

【群馬】

公立高に6565人合格 15校313人を再募集

 県内の公立高校全日制・フレックススクール計六十六校の二〇一八年度後期選抜の合格者が十六日、発表された。県教育委員会によると、受験者七千七百九十五人のうち六千五百六十五人が合格した。前期選抜や連携型選抜を合わせた合格者総数は一万二千六百二十九人で、定員に対する充足率は97・67%だった。

 再募集するのは、前橋清陵、榛名、伊勢崎商業、太田フレックス、尾瀬、沼田女子、利根実業、渋川、万場、下仁田、吾妻中央、長野原、嬬恋、市立太田、利根商業の十五校三百十三人。

 再募集の願書は二十日午前九時〜午後四時と二十二日午前九時〜正午に受け付け、二十六日に面接や作文を実施。二十八日に各校で合格者を発表する。 (石井宏昌)

PR情報