東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 2018年首都圏公立高校入試 > 埼玉 > 記事

ここから本文

【埼玉】

公立高入試、初日 4万5585人が受験 合格発表は9日

 県内公立高校の二〇一八年度入学試験が一日、全日制と定時制の計百四十四校であり、四万五千五百八十五人が学力検査を受けた。二日には一部の学校で実技検査と面接が行われる。合格発表は九日。

 受験倍率は全日制が一・一六倍で、定時制が〇・五三倍だった。

 県教育局によると、県立大宮中央高校の定時制の試験で、英語のリスニングテストの音声を放送した際、冒頭の日本語の説明が三回繰り返し流れるミスがあった。CDプレーヤーのリピート機能を解除していなかったことが原因。余計な放送で時間を使ったため、試験時間を一分間延長した。(井上峻輔)

PR情報