東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 2018年首都圏公立高校入試 > 東京 > 記事

ここから本文

【東京】

都立広尾高入試 成績処理で不備 1人を追加合格

 都教育委員会は二日、都立広尾高校で二〇一八年度入試の成績処理に不備があり、不合格とした男子生徒一人を追加合格にしたと発表した。男子生徒からの得点開示請求で判明した。

 都教委によると、開示請求を受けて同校が関係書類を調べたところ、中学校から届いていた内申点の書類に気付かず、総合成績を低く算出していた。

 広尾高校の校長が男子生徒と保護者に合格だったことを伝えて謝罪。生徒は同校への入学手続きをした。私立高校に入学金を支払ったため、都教委は対応を検討している。

 この追加合格を受け、都立高校の一八年度入試の合格者数は、全日制百七十二校で三万一千七人となった。(清水祐樹)

PR情報