東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第100回全国高校野球選手権大会・千葉】

2枚の切符懸け全力 100回記念大会に東西163チーム

(左)選手宣誓をする翔凜の泉谷優翔主将(右)昭和学院の井上凱仁主将=いずれも千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで

写真

 第100回全国高校野球選手権記念千葉大会が十一日、ZOZOマリンスタジアム(千葉市美浜区)で開幕した。今夏は記念大会で東西2地区に分けて開かれ、2校が甲子園出場の切符を得る。東千葉大会は87校83チーム、西千葉大会は83校80チームの計163チームが出場する。

 開会式では、前年度優勝の木更津総合、準優勝の習志野に続き、東千葉、西千葉の順に各チームが「イチ、ニ」の掛け声に合わせてグラウンドをはつらつと行進した。

 選手宣誓では、東千葉は翔凜の泉谷優翔(ひろと)主将(三年)が「感謝の気持ちを一投一打に込め、勇気と感動を与える凛(りん)とした姿でプレーする」、西千葉は昭和学院の井上凱仁(かつひと)主将(三年)が「東西それぞれ一枚の(甲子園への)切符を手にするため、全力でプレーする」と力強く語った。

 その後、西千葉の開幕戦があり、学館船橋が白井に25−0で五回コールド勝ちした。

 順延がなければ東千葉決勝が二十五日、西千葉決勝は二十六日にZOZOマリンスタジアムで行われる。 (山口登史)

 

この記事を印刷する

PR情報