東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第100回全国高校野球選手権大会・千葉】

千葉黎明、3回戦で敗退

若松−拓大紅陵 4回裏2死二塁、安打を放つ拓大紅陵の原田翔馬選手=ゼットエーボールパークで

写真

 第100回全国高校野球選手権東千葉大会は十六日、3回戦が繰り広げられ、16強が決まった。Aシードの千葉黎明とCシードの千葉経大付が敗れ、連日の波乱の展開となった。

 千葉黎明は成田と対戦。大会屈指の右腕、渡部翔太郎投手(三年)は制球が定まらず、5点目を奪われた二回途中で降板。成田は四回にも打者10人の猛攻を見せ、計13点で五回コールド勝ちを収めた。

 Aシードの木更津総合は投手3人のリレーで昨夏4強入りの検見川を6−0で完封勝ち。Bシードの拓大紅陵は若松に8−0で勝った。昨春の甲子園に出場した東海大市原望洋は、千葉明徳との接戦を8−7で逃げ切った。伝統校の銚子商は生浜に5−1で勝利した。

 十七日は西千葉の3回戦16試合が行われる予定。 (山口登史)

 

この記事を印刷する

PR情報