東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第100回全国高校野球選手権大会・千葉】

拓大紅陵、4強入りならず

東海大市原望洋−拓大紅陵 7回表2死満塁、勝ち越しの3点三塁打を放つ東海大市原望洋の高嵜聖也選手=ゼットエーボールパークで

写真

 第100回全国高校野球選手権記念東千葉大会は二十一日、準々決勝4試合があり、4強が出そろった。

 Aシードの木更津総合は古豪の千葉商に5−0で完封勝ちした一方、Bシードは明暗が分かれた。志学館(Bシード)は木更津に5−2で逆転勝ちを収めたが、拓大紅陵(同)は東海大市原望洋に終盤に集中打を浴び、6−11で敗れた。伝統校の成田は主軸打者の田宮裕涼主将(三年)の2点本塁打などで、安房に8−3で快勝した。

 二十二日は西千葉大会の準々決勝4試合がある。

 連日の猛暑の中、大会を主催する県高野連などは二十一日から、選手らの熱中症対策の一環として、試合中のグラウンド整備の回数を五回終了後の一度から、三回と六回終了後の二度に増やして整備、散水をした。選手らはこの中断を利用して、積極的に水分補給していた。

  (山口登史)

 

この記事を印刷する

PR情報