東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 群馬 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第100回全国高校野球選手権大会・群馬】

64チーム組み合わせ 夢切符へ闘志みなぎる 来月7日に開幕

開幕戦で対決する西邑楽の中川主将(右)と利根商の塩野主将=前橋市で

写真

 第百回全国高校野球選手権群馬大会の組み合わせ抽選会が十五日、前橋市のベイシア文化ホールであり、六十七校六十四チームの対戦カードが決まった。大会は七月七日、前橋市の上毛新聞敷島球場で開幕し、二十五日に同球場で決勝が行われる予定。(原田晋也)

 開会式の選手宣誓は、予備抽選で一番くじを引いた利根実業の加藤琉也主将に決まった。加藤主将は「驚いた半面、やってやろうという強い気持ちが出てきた。他のチームも士気が上がるようなことを言いたい」と意気込んだ。

 開幕戦は利根商と西邑楽に決まった。利根商の塩野竜也主将は「最後の大会なので、初戦を大事に思いっきりぶつかっていきたい」。西邑楽の中川颯(そう)主将は「三年は四人だけだが、一人一人個性があって力強いチーム。まずは初戦突破したい」と力を込めた。

 先月、部内で後輩への暴力行為があったことから対外試合を自粛している健大高崎の大柿廉太郎主将は「二度とああいうことがないよう、毎日練習前後にミーティングを重ねてチームを立て直している。目標は優勝です」と語った。

 昨年、二連覇を達成した前橋育英の北原翔主将は「プレッシャーもあるが、自分たちの野球を貫き通して三連覇を目指したい」と話した。

 四ツ葉学園と玉村、榛名と富岡実、下仁田と板倉の六校が部員不足のため計三チームの連合チームとして出場する。長野原と万場の両校は不参加。

 

この記事を印刷する

PR情報