東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第99回全国高校野球選手権大会・茨城】

土浦日大 一戦必勝だ 知事を訪問、甲子園での活躍誓う

甲子園の戦いに向け意気込みを語る三村主将(左)=県庁で

写真

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で7日開幕する第99回全国高校野球選手権に茨城代表として出場する土浦日大高の選手らが31日、橋本昌知事を表敬訪問し、「一戦必勝で全国制覇を目指す」と力強く誓った。橋本知事は「粘り強い野球でいい結果を残してほしい」と激励した。 (越田普之)

 土浦日大高は、今回の茨城大会で劇的な勝ち上がりを見せた。県立小瀬高との1回戦、コールド負け寸前まで追い込まれながら、大量点を奪って逆転勝ちし、準決勝の県立藤代高戦ではサヨナラ勝ちを収めた。霞ケ浦高と激突した決勝は、劣勢を挽回して延長十五回、五時間の熱闘を制し、31年ぶり3度目の甲子園行きを決めた。

 この日は小菅勲監督、三村航平主将(三年)、関根一沙(いっさ)副主将(三年)、エースの富田卓選手(二年)らが県庁を訪れた。橋本知事は、チームの特色や投手陣の顔触れなどについて質問。逆境でもあきらめない戦いぶりに「いい結果を残して茨城の高校野球を盛り上げて」とエールを送った。

 表敬後、取材に応じた三村主将は「知事と面会して気が引き締まり、甲子園に出るという実感も沸いてきた。最高の舞台を楽しみたい。先制点を取られても自分たちを信じて戦う」と話した。

 小菅監督は一九八四年夏、PL学園を破り、県内校で初めて日本一に輝いた当時の県立取手二高のメンバー。指揮官としても県立下妻二高を率い、2度、甲子園に出場している。「チームは県大会で一戦ごとに成長してきたが、まだ化ける要素がある」と話し、さらなる快進撃を「予言」した。

 土浦日大ナインは一日に甲子園に向けて出発。二日は公式練習で調整し、四日に組み合わせ抽せん会に臨む。

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by