東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第100回全国高校野球選手権大会・茨城】

常総と明秀日立 コールド発進

 第100回全国高校野球選手権茨城大会は十二日、水戸市民球場(ノーブルホームスタジアム水戸)など6球場で2回戦12試合があった。

 優勝候補の常総学院と明秀日立が初戦を迎え、それぞれ佐竹、岩瀬日大と対戦、五回コールドで圧勝し、好スタートを切った。シードの水戸商も、緑岡にコールド勝ちした。

 水戸葵陵は同点の五回表、無死一塁から3番川崎皇翔選手が本塁打を放つなど4点を加え、下妻二を突き放した。七回裏に2点を取られ、1点差まで迫られたが、7−6で逃げ切った。

 多賀は1点を争う攻防を制し、粘る水戸工を5−4で振り切った。多賀の1番秋山悠斗選手は、2二塁打を含む5打数4安打2得点と打線をけん引し、役割を果たした。

 

この記事を印刷する

PR情報