東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第100回全国高校野球選手権大会・茨城】

藤代、土浦日大はコールドで4回戦へ

 第100回全国高校野球選手権茨城大会は十七日、水戸市民球場(ノーブルホームスタジアム水戸)など4球場で3回戦8試合があり、藤代、土浦日大がそれぞれ投打で圧倒、コールドで4回戦にコマを進めた。

 このほか、下妻一は岡田隼樹選手の三塁打などで3点を挙げて試合を有利に進め、シード校・水城に3−1で勝利。鉾田一は終盤八回に野選で決勝点を挙げ、シード校の鹿島学園に7−6で競り勝った。

 十八、十九日は試合がなく、二十日に4回戦8試合を行い、ベスト8が決まる予定。

 

この記事を印刷する

PR情報