東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 神奈川 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第100回全国高校野球選手権大会・神奈川】

横浜、逗子開成破り16強

最後のバッターを空振り三振に仕留めた横浜の万波選手=相模原球場で

写真

 高校野球神奈川大会は十八日、南大会の3回戦16試合を行った。第1シードの横浜、金沢、湘南学院、鎌倉学園が順当に16強に進出。横浜商や藤嶺藤沢なども次戦に駒を進めた。

 逗子開成と対戦した横浜は二回表、万波中正選手(三年)が二塁打を放つと、七番角田康生選手(同)の適時打で生還。三回には一挙5点を奪った。五回に逗子開成に2点を返されるも、4人の投手リレーで追加点を許さなかった。九回に登板もした万波選手は「気合で押される場面もあった。目の前の一勝に集中したい」と気を引き締めた。

 十九日は北大会の3回戦16試合が組まれている。 (鈴木弘人)

 

この記事を印刷する

PR情報