東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 西東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第99回全国高校野球選手権大会・西東京】

東海大菅生、雪辱V 2年前、まさかの敗戦 早実打線につけ込ませず

東海大菅生−早実17年ぶり3度目の甲子園出場を決め、応援席へあいさつする東海大菅生ナイン=神宮球場で

写真

 第99回全国高等学校野球選手権大会の西東京大会決勝が三十日、神宮球場で行われ、東海大菅生が早稲田実業に6−2で勝ち、17年ぶり3回目の夏の甲子園出場を決めた。3年連続で準優勝だった東海大菅生は、エースの松本健吾投手が力投し、清宮幸太郎主将ら早実打線を抑えた。

 東海大菅生は一回表、4番・片山昂星選手の適時打で先制した。片山選手は、五、九回表にも、適時二塁打を放ち、3安打3打点の活躍。松本投手は清宮主将の前に走者を出さないなど、要所を締めて完投した。

 同じカードだった一昨年の決勝では、八回に一挙8点を奪い、劇的な逆転勝利を果たした早実。二回裏に、福本翔選手の三塁打で同点に追いついた。六回裏には、野村大樹選手の三塁打などで2点差に迫ったが、打線がつながらなかった。

◆監督・主将談話

 東海大菅生・若林弘泰監督 八回守備で打ち取ったダブルプレーが流れを引き寄せた。早実と日大三の二強を倒したので、西東京代表として、甲子園で堂々と戦っていきたい。

 同・小玉佳吾主将 昨秋からの目標の甲子園に出場でき、とてもうれしい。早実は打線に切れ目がないので集中して臨んだ。甲子園では、一戦必勝していきたい。

 早稲田実・和泉実監督 注目され続けたこの一年間、主将と三年生には「ご苦労さま」という言葉しかない。甲子園に行かせたかった。後輩たちがこの悔しさを次につなげると信じている。

 同・清宮幸太郎主将 悔しい。今までずっと逆転してきたので、最後の場面でも信じていた。皆文句一つ言わずに自分に付いてきてくれた。準優勝だが、日本一のチームだった。

 

この記事を印刷する

PR情報